ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-12-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年03月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
業界初「新韓デジタルキャンパス」設立
専門家140人が集結 趙鏞炳会長4大戦略の一つ

「新韓デジタルキャンパス」オープンのもよう
 新韓金融グループ(趙鏞炳会長)はこのほど、ソウル市中区の新韓Lタワーに「新韓デジタルキャンパス」をオープンした。
新韓デジタルキャンパスは企業グループによるデジタル革新研究所で、韓国の金融業界では初めての設立となる。専門家らがデジタルの新技術を研究開発し、革新的なデジタルサービスの創出を支援する研究の場だ。
新韓金融が運営するデジタル専門家グループ(SDII)は、6項目の研究テーマを有する。人工知能(AI)とブロックチェーン、クラウド、開放型革新(オープンイノベーション)、デジタル経験(Digital Experience)、ビッグデータなどだ。各グループの専門家およそ140人が、デジタルキャンパスで技術研究とビジネスモデルを開発する。
新韓金融は同研究所の開発に向け、世界トップレベルの金融企業とICT企業の事例を研究し、韓国の実情に合わせたシステムを構築した。研究所は約70人が常駐できるワークスペースと、研究室間におけるコミュニケーションスペースなどで構成されている。また、100人の収容が可能な階段型タウンホール会議室は、セミナーや講義の開催にも使用される予定だ。
開放的なワークスペースを造り出すため、座席は自立型を採用した。また、集中を要するクリエイティブな作業には個人で使用可能なスペースを提供するなど、デジタルイノベーションを念頭に置いた研究所としての機能を備えている。
新韓金融関係者は「新韓デジタルキャンパスでは、グループ会社間における迅速なコミュニケーションとコラボレーションが可能となる。また、変化の著しいデジタルトレンドに対応し、グループが推進するデジタル転換を加速化させることもできる。研究所が新韓のデジタル生態系の開拓をリードするものと期待している」と話している。
新韓金融は1月、自社モバイルアプリ「新韓統合認証」の開発を始めた。韓国の金融会社では初となるブロックチェーン技術を活用したものだ。新韓統合認証サービスは、新韓金融と取引のある顧客2500万人に対し、モバイルアプリの利便性を最大化させることを目的とした大型プロジェクトだ。アプリは今年上半期中にサービスを開始する予定だという。
新韓金融はまた、銀行とフィンテック企業間のコラボレーションモデルを創出する「フューチャーズラボ」を運営している。ラボでは、デジタル技術企業や研究所とリンクし、デジタルサービスの新たなプラットフォームを造り出す。デジタルは、趙鏞炳会長が打ち出したグローバル・資産管理・IBと並ぶ新韓金融の4大戦略課題だ。
(ソウル=李民晧)

2018-03-21 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓国観光公社 KOREA MICE ...
韓・米の対北共助決裂
司法を政治に従属させるクーデター
南北政権打倒に向け韓日有志が連帯
金正恩の韓国に対する最終攻勢本格化
ブログ記事
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
自由統一
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません