ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年03月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「積弊清算」という粛清 李明博元大統領も拘束か
盧武鉉家族の収賄は闇に葬った

北韓のテロが人権蹂躙には沈黙

 李明博元大統領が14日、検察に出頭。19日には拘束令状が請求された。現政権のいわゆる「積弊清算」がいよいよ大詰めを迎えている。一方で、北韓の3代世襲による独裁政権や、盧武鉉元大統領の親族による640万ドルの収賄件に対しては、処罰どころか司法的処理を検察に要求しても時効の成立をもって闇に葬った。

 李元大統領が約100億ウォンにのぼる収賄容疑でソウル中央地方検察庁に出頭した日の午前、文在寅大統領は金正淑夫人と共に江原道平昌へと移動した。李元大統領の捜査が山場を迎える中、現大統領は平昌パラリンピックでクロスカントリースキーを観戦し、北韓代表選手らと交流した。文大統領は北韓の選手たちに「歓迎する。一生懸命競技に臨んでほしい。いずれは南北間でスポーツ交流を活性化させたい」などと激励した。
李元大統領が被疑者として聴取を受けている間、文大統領はスポーツ観戦を楽しみ、北韓選手たちに会う余裕を見せた。盧武鉉元大統領が自殺した2009年以降、10年近く悪縁をこじらせてきた両者の明暗が鮮明に映し出された格好だ。
李元大統領が収監された場合、「積弊清算」は事実上、終わるというのが現政府関係者の大方の認識だ。”積弊”とは、長い期間慣行として積み重ねてきた腐敗や不正などの弊害を意味する。問題は、「積弊はほぼ清算された」と言及していること自体に矛盾が生じているということだ。
「積弊」を言うなら韓半島の歴史で最大の「積弊勢力」は同族虐殺者の「金日成世襲王朝」で、その金日成主義を信奉する主思派だ。金正恩は国連人権理事会が国際刑事裁判所へ回付を主張する人道犯罪者だ。住民を奴隷のごとく扱う暴政と人権蹂躙が続いている。テロと拉致、そして韓国を転覆するため70年間攻撃してきたのが北韓政権だ。李元大統領の出頭当日、文大統領が会ったのは積弊である北韓の世襲暴君が送りだした五輪選手たちだった。この行動は常識人なら考えられない復讐心の発露だ。
また別の問題も指摘されている。盧武鉉元大統領と夫人の権良淑氏ら親族が、朴淵次泰光実業会長から640万ドルを受け取ったとされる収賄だ。この件と関連して盧元大統領は検察に出頭したが、盧元大統領の死亡により「控訴権なし」として捜査を終了し、すでに確認された家族の犯罪に対しても法的措置を取らなかった。
つまり、親族の金銭授受問題は法的に処罰対象だ。自由韓国党は昨年10月、検察に控訴を申し立てた。自由韓国党の金聖泰院内代表は、記者ブリーフィングで「親族が受け取ったとされる640万ドルに対し、わが党は捜査を依頼したが、検察はまだ着手していない」と憤慨した。実際、検察が本件の捜査について言及したことはない。国内メディアも同様だ。
盧元大統領の家族の収賄は捜査もいらない。この件で有罪になった他の関係者の裁判過程で事実関係がすでに確定されたからだ。それで、盧元大統領の家族を処罰するよう告発がなされ、この件を処理しない検察総長とソウル中央地検長に対する職務棄権の告発まであったが、文在寅の検察は先月の25日、この件の時効が完成するまで何もしなかった。検察が正義と法治を破壊したのだ。
李元大統領に対して逮捕状を請求したのは盧元大統領に恥辱を与えたことへの復讐だ。検察は20以上の収賄容疑を主張する。サムスングループが捻出した自動車部品会社・ダースの米国内訴訟費用60億ウォンをはじめ、イ・パルソン前ウリィ金融持株会長から受けとったとされる賄賂22億5000万ウォン、国家情報院の特殊活動費17億5000万ウォン、金小南元議員から受けとったとされる未報告の政治献金4億ウォンなど、収賄だけで100億ウォンを超えている。
李元大統領は、検察の聴取ではほとんどの容疑を否認したという。検察筋によると、「指示はしていない。報告も受けていない」との供述を繰り返しているという。物証がある場合は「業務上やむを得ず生じたもの。実務者らが行ったこと」などと供述しているようだ。
李元大統領は14日、ソウル中央地方検察庁に出頭。21時間に及ぶ聴取を終え、翌朝午前6時25分ごろ帰宅した。ところで李元大統領が検察へ出頭するとき彼を声援する支持者は一人も見えなかった。朴前大統領の出頭時は、自宅前や検察庁周辺に数百人の支持者らが待機し、声援を送ったのとは対照的だった。いずれにせよ、文在寅政権の「積弊精算」という粛清はこの政権が終わるまで続く。

2018-03-21 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「清算対象」となった韓国の司法府 
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
文在寅政権の正体 建国節論難と国家解体
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
文在寅政権への米国の警告
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません