ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-21 06:44:48
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年03月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
医療と介護兼ねる究極の施設が完成 八千代会グループ 

姜仁秀理事長のあいさつ
 八千代会グループ(広島県、姜仁秀理事長)の10カ所目となる、医療と介護を兼ね備えた究極の施設「メリィホスピタル・メリィデイズ」(広島市安佐南区大塚西3丁目70031)が1年7カ月の工期を経て完成し、そのオープニングセレモニーと内覧会が10日、現地で行われた。
1000人を超す招待客のなか、姜理事長は、「一点の曇りもない快晴の日に完成の喜びを分かち合えてうれしい。26年前の八千代病院開設のときは、各界からいろいろな危惧をいただいたが、”おもてなし”の心に徹し、夢に描いていた施設がついに完成した。また、後継者にも恵まれたと思っている。孫が信州大学医学部6年生だからだ。東京五輪の頃から”おもてなし”を言われるようになったが、医療と介護は究極の”おもてなし”だと考えている。人生には終わりがあり、その終焉を迎える人に幸せを感じる価値ある”おもてなし”を実現していきたいと思う。日々これあらたに地域医療のため、高齢者医療のために、これからも献身していく」とあいさつした。
建築に携わったイチケンと構造プランに感謝状が贈られ、金宣杓駐広島大韓民国総領事、斉藤鉄夫公明党衆議院議員、河井克行自由民主党衆議院議員、深山英樹広島商工会議所会頭、韓昌祐世界韓人商工人総連合会会長らの祝辞があり、医療と介護を融合させた経営手腕と芸術文化に対する深い理解に賛辞が寄せられた。また、岸田文雄自民党政調会長、湯崎英彦広島県知事、松井一實広島市長らの祝電も披露された。
テープカットが行われ、病院長らのスタッフが紹介された。このあと内覧会が行われ、「こんなすばらしい施設ははじめてだ」「広くてゆったりしている」「ホテルのようだ」などと話し、係員に熱心に聞き入る姿がみられた。
施設は、鉄筋コンクリート造10階建てで、1階は病院、2~5階は病床、6~8階は高齢者向け介護住宅となっていて、地域包括ケア病棟、療養病床を有するメリィホスピタルと介護サービス付き住宅というメリィデイズの二つの施設が一つの場所で提供できる。この”おもてなし”が姜理事長の長年の夢で、八千代会グループの集大成プロジェクトに位置づけられている医療と介護の新たな連携の施設が完成したことになる。(広島=韓登)

2018-03-14 3面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません