ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-06 21:02:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年03月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国、2月の外為保有額13カ月ぶり減
中国の外国為替保有額が、13カ月ぶりに減少した。中国人民銀行は7日、2月末基準の外国為替保有額が3兆1345億ドルであることを明らかにした。前月の3兆1615億ドルから270億ドルの減少。ブルームバーグの予想(3兆1600億ドル)より下回った。同月に中国が保有する米国国債の価値が下落したことが減少の要因と考えられている。米国の最大の債権国である中国は昨年12月末現在、1兆1800億ドルを超える米国国債を保有。2月末現在における中国の金保有高も、前月の797億ドルより低い781億ドルであることが分かった。
香港タクシー 4月から電子マネー導入へ
香港のタクシーで、4月から電子マネー「八達通(オクトパスカード)」での支払いが可能となる。オクトパスは1997年の発行開始以来、3450万枚が発行されており、公共交通機関では市民の99・9%が使用しているというデータもある。香港市民1人あたり約5枚の保有率となる。公共交通機関のうち、これまでオクトパスでの決済が不可能だったのはタクシーのみだったことから、利便性が高まるとして市民は歓迎ムードだ。オクトパスカードは、非接触型の通信方式「NFC」を採用したもの。公共交通機関のほか、駐車場や各機関への入館カード、自動販売機、商店など幅広く使用できる。利用開始は4月からを予定している。
比 インフレ率が急上昇、便乗値上げも
フィリピン財務省は5日、今年1月から実施されている税制改革により国内のインフレが進んでいると発表した。2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で4・1%上昇し、政府が目標とするインフレ率2~4%を上回る見込みだ。インフレ率の上昇は、煙草に代表される嗜好品価格が16・4%上昇したことで、食品など生活に関わる品物や電気料金などの光熱費も値上がりしている。今後は、ガソリンなどの燃料費も大幅な値上がりが予想されている。こうした状況をふまえ、労働組合は政府に対して最低賃金の見直しと値上げを求めている。

2018-03-14 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません