ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-06 21:02:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年03月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓銀・李柱烈総裁、再任へ
「名誉だが、重い責任感じる」

 3月末で任期が終了する韓国銀行(中央銀行)の李柱烈総裁の再任が決定した。
大統領府の金宜謙報道官は「マクロ経済と金融市場について豊富な経験と見識があり、組織内の信頼も厚い。韓国銀行の中立性と自律性を保障するという大統領の意志が反映された」と再任理由を明らかにした。
韓国銀行総裁の再任は朴正煕政権時代(1947年)の金聖煥氏以来、44年ぶりとなる。また、二つの政権で韓銀総裁を務めたのも初めて。李総裁は、朴槿恵政権の2014年4月から職務を続けている。朴政権の主要機関長が再任されたのも文政権下では初めてだ。
李総裁は「再任はとても光栄で、韓銀としても非常に名誉なこと」述べ、「4年前に(総裁に)指名された時よりはるかに重い責任を感じる」とした。

2018-03-14 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません