ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-06 21:02:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年03月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 相手の真意を読み取ることは、どのような交渉においても重要なファクターとなる。そのため人々は古くから、人間のしぐさや表情を研究してきた▼米国の心理学者ポール・エクマンは、人々の表情について研究し、喜び、嫌悪、驚き、悲しみ、怒り、恐怖という六つの感情と表情は、人類普遍のものと提唱した。彼はこの研究を土台に、人のウソを見抜く方法も提唱しており、米国ではドラマ化もされた▼金正恩の「非核化」宣言が、本心からのものなのか、それとも時間稼ぎなのか。彼の本心を測りかねている人々がいるようだ。多くを語らない金正恩だが、その若さゆえだろうか、感情を表に出すことに対するためらいは感じられない。彼が韓国からの使節団を受け入れたとき、その表情は喜色満面だった▼金正恩にとって、使節団との会談は、望んでいたものだったに違いない。つまり、金正恩の思うとおりに物事が進んでいるということだ。北韓が核放棄をせず、米国から体制保障を引き出す目算が立ったという、最悪のケースも想定される▼首脳会談を受け入れた米国のトランプ大統領は、「もっとも偉大な合意もありうる」と述べた。これが何を意味するのか。北韓の体制を保障し、米軍を韓半島から撤退させるということになるまいか▼金正恩の笑顔の裏で、嫌悪、驚き、悲しみ、怒り、恐怖の感情で韓半島の将来を見つめる人たちがいる。金正恩の望みどおりの韓半島になることを憂う人々の動きは、怒りの闘いへと発展する様相だ。

2018-03-14 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません