ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-05-16 07:23:53
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年03月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 高月 靖さん(フリーライター)
在日同胞偉人伝を執筆中

体当たりの取材が信条
 ヴァイオリン製作者の陳昌鉉、マルハンの韓昌祐会長、プロレスラーの力道山など、戦後日本に大きな足跡を残した在日同胞約20人を紹介する書籍を執筆中の高月さん。現在まで韓国に関係する書籍を多数執筆したライターだ。
「美味しい韓国語」「にほん語で遊ぶソウル」「もう一歩奥へ こだわりのソウル・ガイド見て、買って、食べる」などの著書は、徹底的な体当たり取材を通して執筆、知らなかった韓国を理解できると評価も高い。
韓国との出会いは偶然だった。1996年に入社した編集プロダクションで、韓国文化院が発行する「韓国文化」の編集担当になった。同社の社長が在日同胞2世ということもあり、韓国との距離がぐっと縮まった。
「96年に初めて韓国を訪れたが、当時は韓流ブーム前。99年に映画『シュリ』、2000年に『JSA』で韓国エンタメ業界が注目されはじめ04年のドラマ『冬のソナタ』で劇的に仕事の環境が変わった」
1999年に独立、フリーのライターに。時代の流れにうまく乗ったこともあり、韓国関係の仕事の依頼は増えていき、20年以上にわたり韓国に携わることに。
「仕事になったというのも理由だが、韓国の”人””風景””料理”、すべてに魅了されたことで、ここまで深く関わるようになった」
今後は、70~80年当時の韓日間のアニメ業界事情などを取材し、本にしたいと抱負を語ってくれた。

2018-03-07 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「日韓クロッシング」の韓国太極旗集会...
虐殺者の金正恩を道連れと呼んだ文在寅
金正恩体制でのCVIDは不可能
「板門店宣言」は自由民主国家の自殺
「韓国フェスティバルin名古屋」先月...
ブログ記事
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
“良識が麻痺した韓国人に正気を取り戻すためには在韓米軍を撤収せよ”
満州がやって来る(歌, "만주가 찾아오네")
偽の世論、偽の民主主義、偽の平和
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません