ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-09-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年02月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―129―

苦心の末の成果(五)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画

 「やあ、柳君。入れよ。日本に行ってるって聞いていたけれど、いつ帰ったんだ?」
「三、四日前だ」
「しかし、こうして会ってみると君にすまない気持ちでいっぱいだよ。以前は結婚式なんかあれば一日中座って、かんざしとか指輪なぞ作ったし、もちろん閑古鳥の鳴く日もあったけどね。それから、漢陽高麗焼に紹介し、彫刻を教える仕事などやっていたのを、君のいない間、事前の知らせもなく善後策も考えなかったのだから、ほんとうに申し訳ない」
「何を言う。こうして生きているんだからいいじゃないか」
「でも、友人の義理を裏切ったようで」
 「そんなふうに考えることはないよ。仕事さえあればいいんだ」
「仕事ならあるさ。最初は信行商会と昌信商会の二か所から陳列品を作ってくれと言ってきたが、最近さらに二か所増えたんだ。鍾路の韓日銀行横の広東商会と、鍾路の四辻の和信商会だ。それで仕事の方はてんてこまいだよ。私は今いろんな商会の陳列品を作るだけでも食っていけるが、君は日本にまで行って、一体どうしたんだい? やつらが君を利用しようとしたので帰ってきたのか?」
「いや、そうじゃない。鈴木という人が何百年前から家伝として高麗青磁を作ってきたんだが、父親が亡くなってからはうまくいかなくなって、それで私を呼んだのさ。私に高麗青磁工場の責任をもって青磁を作ってくれ、妹と一緒になってほしいというんだ。それを振り切ってきたんだ」
「おやおや、そんないい話を断ったのか。それで、何か思うところでもあるのか?」
「これといったものなんか何もないよ」
「じゃ、どうして帰ってきたんだ? あれほど資金のために頑張っても、振り向く者が一人もいないこの朝鮮で、これから一体どうするつもりなんだ?」
「何とかなるさ」
「そりゃそうだろうが……。問題は食っていけるかどうかだ」
「何、生きてる者の口には蜘蛛の巣は張らんよ。それはそうと、日本で鈴木と山本からよくしてもらっていたのに、こうして帰ってきたのは、自分独りだけのことを考えたからじゃないんだ。自分独りのためなら、そのまま日本にいてもよかったよ。日本人は高麗青磁が好きだから金も稼げるし、家庭を持つことも出来たよ。しかし十年も苦労を重ねて研究した成果を、どうして敵国の日本人に教えなきゃならんのか? それで、帰る決心をしたんだよ」
「君の気持ちはよくわかるが、でもここでは、すぐに資金を出してくれる人がいないよ」
「心配ない。待ってみるさ」
「待つって、あの世に逝くまで待つ気なのか?」
「そう言うなよ。秋は必ず訪れるさ」

2018-02-28 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
南北連邦制の年内実現を急ぐ文在寅政権
「文在寅は共産主義者」に無罪
ヨンジョンの 毎日眞味<9> 秋刀魚...
朝鮮学校の生徒たちよ、自由を放棄するな!
ヨンジョンの 毎日眞味<8> かぼち...
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません