ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-06 21:02:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年02月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中米5カ国とFTA締結
早ければ今年上半期にも発効

 韓国政府は21日、中米5カ国と韓・中米FTA(自由貿易)協定文に正式署名した。FTAを締結したのは、コスタリカ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア・パナマの5カ国。今後、商品やサービスに加えて、投資、知的財産権などの関税を撤廃していく。
懸念されていたコメや唐辛子、ニンニクなどの農産物は除外されたが、牛肉は19年、豚肉は10~16年の期間を置いて関税をなくしていく。協定は早ければ今年上半期中にも発効するものとみられる。
今後、国会への報告と批准同意要請、説明会開催などの手順を踏む。このような国内手続きの完了を相手国に書面で通知すれば、協定が発効されることになる。これで韓国のFTA締結国は57カ国となる。
中米五カ国の自由化率や対象品目はそれぞれ異なるが、いずれも95%を超える。発効すれば自動車や自動車部品、鋼板などの関税が即時撤廃され、韓国企業の中米市場への輸出拡大に寄与すると、韓国政府は評価している。
韓国は、中米5カ国とFTAを締結したアジアで初めての国となる。中国はコスタリカとFTAを結んでいるが、残りの国々とは未締結で、日本はこれらのどの国ともFTAは結んでいない。
対外経済政策研究院は「韓・中米FTAの締結で、2534件の雇用を創出する効果がある。特に、製造業分野では15年間で5億8000万ドルの貿易収支改善効果、2兆5700億ウォンの生産増加効果をもたらす」と予想している。

2018-02-28 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません