ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-21 23:01:56
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2018年02月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
平昌五輪 韓国との特別な縁
外国人選手たちのリアルストーリー

6.25参戦者の孫から独立運動家の子孫まで

 平昌冬季オリンピックには、韓国と特別な縁を持つ外国人選手たちが出場している。6・25に参戦した米軍の孫にあたるスキー選手や、独立運動家の子孫であるカザフスタンのフィギュアスター、「天才スノーボード少女」と呼ばれた在米同胞2世まで、実に様々だ。彼らのリアルストーリーに迫ってみたい。(平昌=李民晧)

 米国女子スキー選手、リンゼイ・ボン(34歳、米国)は「スキー女王」と称されている。世界各国のスキーワールドカップ大会において最多優勝記録を持つ。ボンは平昌オリンピックを待ち焦がれていた。平昌への道中で飛行機が欠航したものの、リアルタイムでSNSを楽しみ、ファンたちと焦燥感を共有した。今月初め、ドイツのガルミッシュ=パルテンキルヒェンで行われた国際スキー連盟(FIS)ワールドカップで、通算81勝目を挙げたボンは、平昌で本人にとって2回目となるオリンピック金メダルを狙う。
ボンが出場する競技は、旌善アルペンセンターで17日に行われる女子スーパー大回転だ。しかし、競技場がある場所に注目してほしい。6・25韓国戦争の際、祖父のドン・キロウが北韓軍―中共軍と戦闘を繰り広げた場所なのだ。6・25戦争に参戦した祖父は、韓国の自由を守るため、韓国の兵士と共に戦った写真を孫娘に見せながら当時を語った。平昌オリンピックで、孫娘の競技を観戦しようと楽しみにしていた祖父は昨年、志半ばで他界した。ボンは、平昌で開かれた記者会見で祖父を想い、涙を流した。競技の結果は6位に留まり、メダル獲得には届かなかった。ボンは「祖父が参戦した地でオリンピックに参加することができただけでも誇りに思う」と語った。

平昌オリンピックの開会式に参加したペンス米国副大統領の父も6・25参戦者だ。「韓国の大統領は、ペンスとボンにこそ敬意を表するべきだ。6・25戦犯である金日成の孫・独裁者の妹を歓待するのはおかしい」という批判の声もある。いずれにせよ、祖父のかつての戦場が70年後に孫の競技場になったという事実、参戦者の息子が米国副大統領となり、オリンピック開会式に出席したという事実は、波乱に満ちた韓国現代史の象徴ともいえよう。

在米同胞2世のクロエ・キム(17歳)については、韓国で流行している「愉快、爽快、痛快」というワードを想起させる。クロエの別称は「天才スノーボード少女」だ。スノーボードは、米国に移民した父から学んだ。平昌フェニックススノーパークで13日に行われたスノーボード女子ハーフパイプで、100点満点中98・25点をたたき出し、堂々の金メダルを獲得した。同種目における歴代最年少優勝記録となる。クロエは試合の直前、自身のSNSに「朝サンドイッチをちゃんと食べてくればよかった。腹ペコでイライラする」と投稿したほか、華やかでオリジナリティーあふれる妙技を繰り出し、見事優勝を収めた。ライバル選手とは一線を画す圧倒的な技術と、10代の少女らしい天真爛漫な姿が注目され、一躍スター選手となった。世界のスノーボードファンを魅了したクロエは「父の故郷で闘えるから、とても楽しい」と元気に語る。そんなクロエのルーツもまた、他ならぬ韓国なのだ。

韓国から数千キロメートル離れた遊牧の国、カザフスタン。同国で最も人気のあるスポーツスターがデニス・テン(24歳)だ。韓国で例えるなら、フィギュアの金妍児に匹敵する。テンが2014年のソチオリンピックで銅メダルを獲得した際、カザフスタンには国を挙げてのフィギュア旋風が巻き起こった。実際、アイスリンクすらなかった国のあちこちにスケートリンクが建った。その余韻も冷めやらない16年には冬季ユニバーシアード大会が開かれた。テンの競技を一目見ようと集まった観客は、およそ3万人にのぼったという。テンは、平昌オリンピックのフィギュアスケート男子シングルス部門に挑む。韓国フィギュア期待の星、チャ・ジュナン(17歳)や、日本のフィギュアスター・羽生結弦(23歳)も出場することから、韓国のファンたちからも関心を寄せられている。
テンもまた、家族に関する秘話を持つ。彼の高祖父は、日本の植民地時代初期における抗日義兵長、ミン・グンホ氏だ。ミン氏は1905年、乙巳条約の締結によって、外交権が日本の手に渡るなり義兵部隊を組み、抗日闘争を繰り広げた人物だ。韓国政府は1962年、民族志士としてミン氏に建国勲章大統領章を追叙した。しかし、植民地時代のミン氏一家は故郷を離れてカザフスタンへ移住した。今回のオリンピックで、彼の子孫であるテンが平昌の地に降り立った。テンは言う。「韓国は第二の故郷であり母国だ。その韓国で開かれるオリンピックを一日でも早く経験したい。特別な大会であることをふまえ、人々の記憶に残る演技ができるよう最善を尽くす」

2018-02-21 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
傲慢な主思派政権への民心離反
李海瓉も「與敵罪」に該当 平壌で国家...
自由統一を放棄した民団
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません