ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年02月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東京韓学 都内で音楽会
中高の全生徒が参加

 

東京韓国学校(金得永校長)中・高等部は1月29日、東京・代々木の青少年オリンピックセンターで、第11回となる音楽会を開いた。父兄や来賓らおよそ350人が来場した。
音楽会は2年に一度、中1から高3までの全生徒が参加して行われる。会は3部構成で進行されるため、観覧者からは「各部ごとに異なる雰囲気を楽しめる」など好評を得ている。
この日は、学年ごとのコーラスをはじめ、ダンスや舞踊、オモニ(母)合唱団や教員による合唱、ブラスバンドなどが披露され、客席からは大きな拍手が送られた。
同校による音楽会の特徴ともいえるのが、第1部に行われる「セミプロ」生徒らによる舞台だ。第1部の出演者は全員オーディションを受け、外部から審査員として招請した指揮者や声楽家、ピアニストらによって選出された生徒たちだ。ピアノやバイオリン、歌、韓国楽器、ミュージカルなど、その演目は幅広く、実力も折り紙付きだ。
学年ごとのコーラスは、生徒たちが自ら曲目を選ぶ。毎回、日本の曲と韓国の曲をそれぞれ1曲ずつ選び、夏休み明けから練習に取り組むのが通例の流れだ。同校の音楽教師で、音楽会を主導する裵恩卿氏は「長期にわたる練習と言語の壁によって、生徒たちのモチベーションが低下する時もあるが、音楽会の終了後は充実感をおぼえ、晴れ晴れとした顔を見せてくれる」と、嬉しそうに語る。
音楽会のフィナーレでは、全生徒が携帯電話のライトを点け、ペンライトのように揺らしながら韓国語で「アルムダウンナラ(美しい国)」を合唱した。
同校では本音楽会に先立ち、1月12日に四谷区民ホールで、オモニ(母)合唱団による公演を行った。「尹東柱生誕100周年」をテーマに、韓日の15曲を合唱した。
2018-02-07 5面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません