ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―125―

苦心の末の成果(一)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画

 その日、仕事を始めて一時間ほどして、工場の前に車の止まる音がした。誰かが大声で喋りながら中へ入ってきた。従業員と千恵子らは一斉に立ち上がって挨拶した。その男は周りをぐるっと見まわし、私に目を留めた。
「チョーセンジンとしては、上品だな」
一体どこのどいつが何を言うか、とばかりに私はその男に向かいあった。五〇を少し越したばかりのその男は、がっしりとした体つきの美男子で貴公子然としていた。
 「君はチョーセンジンというが、生まれはどこかね?」
私は頭にきて、朝鮮語で応えた。
「イノムセッキ、ナップンノム」
「何? わからん言葉を使うな」
「何だと? 知りたいのか? 日本語で言ってやるよ。この野郎、悪い奴と言ったんだ」
「何? 客に向かってそんな失礼な言い方があるのか」
「客だって? なるほど。確かにあんたは工場の主人の客だが、私には何の関係もない」
「何だと? 君は工場の職工じゃないのか?」
「職工には違いないが、この工場の職工じゃない」
「何を生意気な」
「生意気という意味を知っているらしいが、どんな時に使うか、どうも使い方を知らんらしいな」
男は怒りを抑えきれずハア、ハアと息をはずませ、どうしていいかわからず、ただ顔を赤くしたり青くしたりするばかりだった。
「これまで、こんな侮辱を受けたのは初めてだ。あんたも青二才のチョーセンジンから莫迦にされたのも初めてのことだろうよ。でも私が侮辱されながらも、あんたがこうして無事に立っていられるのは、あんたが偉いからじゃない。私の国・朝鮮が『東方礼儀の国』だからだ。あんたが、私より年輩だからさ。もしあんたが私と同年輩なら、首がひん曲がるくらい殴りつけてやるところだ。
人間には時と場所があり、それに良心というものがある。その時の地位や境遇だけでむやみに人を侮辱するんじゃない。今はあんたたち日本人から差別され、侮辱されているが、いつまでもあんたたちから莫迦にされる民族じゃない。朝鮮が植民地になったのは為政者が悪いとか、人材がいなかっただけじゃあない。すべて国運、国の運というものなんだ。
地球は休みなく回っている。朝、太陽が昇れば、東は日向で西は日陰だ。だが、日陰はいつまでも日陰じゃない。夕方になると、日向と日陰が入れ替わるんだ」
一言一句噛みしめながら言ってやった。山本という男は終始、いらいらしながら息を弾ませていた。

2018-01-31 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません