ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】『コンフィデンシャル/共助』(韓国)
南北の刑事が凶悪な犯罪組織に挑む痛快エンターテインメント

©2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
 韓国と北朝鮮の刑事が極秘にタッグを組んで、南北共助捜査に挑むアクションエンターテインメント。
北朝鮮の刑事イム・チョルリョンは、アメリカドル偽造の犯罪組織を追跡中、上官チャ・ギソンの裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。ギソン率いる組織は世界を揺るがす機密を盗み、韓国へと逃亡。それを秘密裏に取り返そうとする北朝鮮は、チョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は、庶民派熱血刑事カン・ジンテを任務にあたらせ、歴史上初の南北共助捜査を契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく、捜査を偽装してジンテにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コンビは、それぞれの思惑を持ちつつ、凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく。
本作は、韓国で2017年上半期№1となる観客動員数約781万人を記録。「南北問題」という社会的なテーマをコメディの効いたエンターテインメントとして描き、かつ希望も込められた作品に仕上げた。
キャストは北朝鮮の刑事イム・チョルリョン役に、ドラマ「シークレット・ガーデン」や映画「王の涙 イ・サンの決断」のヒョンビン。クールな表情で復讐に燃えるエリート刑事を演じる。また、韓国の刑事カン・ジンテ役に、「ベテラン」「LUCKKEY/ラッキー」の名優ユ・ヘジン。犯罪組織のリーダー・チャ・ギソン役に、昨年交通事故で死去したキム・ジュヒョク。チョルリョンに恋心を抱くジンテの義妹役に、少女時代のユナが出演。豪華キャストの共演で、韓国でも注目を集めた。監督は「マイ・リトル・ヒーロー」のキム・ソンフン。次作となる「猖獗(しょうけつ)」でも、ヒョンビンと再びタッグを組んでいる。
映画「コンフィデンシャル/共助」の見どころは、何と言ってもアクションシーンだ。作品の中で繰り広げられるのは、カーアクション、銃撃戦、追跡劇、そして接近戦に特化したロシアの戦闘術”システマ”を駆使したスタイリッシュなアクション。ヒョンビンがキャラクターにマッチした険しい表情やストイックなスタイルで、ハードなアクションに挑戦している。とりわけ、水の入った紙コップにトイレットペーパーを突っ込み、武器として使うシーンは斬新。その姿には様式美すら感じられる。もちろんヒョンビンの熱演あってのことだが、そこにはコミカルな演技を見せるユ・ヘジンの存在があるからこそ。それゆえ、極上の痛快エンターテインメント映画として、多くの観客から支持されたに違いない。
(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)
公開=2月9日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国公開。
公式HP=http://kyojo-movie.jp/

2018-01-31 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません