ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「北韓の非核化は国際社会の目標」―米国防長官 ジェームズ・マティス―
ジェームズ・マティス米国防長官は26日(現地時間)、「南北間のオリンピック対話が、北韓の非核化という国際社会の一致した目標を乱してはいけない」と述べた。
マティス長官は、「金正恩の無謀な政策と危険な挑発に対して、異議を唱えなければならない。国際社会の圧力は継続されなければならない」とし、北核解決が外交課題の最優先事項であることを強調したとAP通信が伝えた。

「口先ではない対策の実施を」―国民党代表 安哲秀―
安哲秀代表は29日、慶南密陽市世宗病院の火災惨事と関連して「やはり人災であった」とし「このような問題を解決することが、真の積弊清算だ」と述べた。安代表は、「火災の現場となった建物の違法増築も明らかになっており、スプリンクラーなどの初期消火システムも作動しなかった」と指摘した。また、「文在寅政権は、安全な大韓民国を核心国政目標にしたが、変化したことは何もない」とし「口先だけのキャンペーンのための対策ではなく、実質的な対策を直ちに実施しなければならない」と述べた。

2018-01-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません