ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 大八木宏武さん(フォトグラファー)
魅力的な1世の人間性と生活力

自身のルーツ探しにも
 大八木さんは、2008年から川崎桜本地区周辺に暮らす在日同胞1世、2世の写真を撮り続けているカメラマン。
商業カメラマンとして活躍していた大八木さんが、在日同胞の写真を撮り始めたきっかけは、新大久保を歩いていた時に見かけた1枚のポスターだった。高麗博物館主催の「トラジの会 ハルモニたちは語る」のトークショーの案内。気軽な気持ちで立ち寄ったが、ハルモニの話に魅了された。それから10年にわたって写真を撮り続けることになる。  
魅力的だったのは、在日1世たちの人間性と生活力。
「在日同胞1世というと、”被害者であり、悲惨な人生を送ってきた”そんな先入観があった。もちろんつらいこと、過酷なことなどもたくさんあったと思うが、それをはね返すたくましさがあった。話す、食べる、笑う、踊る。人間味豊かでパワフル、被写体として魅力的だった」
撮り続ける理由がもうひとつ。大八木さんにも韓国の血が流れている。
「母親が在日2世。ただし帰化をしており、成人するまでそのことを知らなかった」
自分のルーツとは何か。在日1世たちとの交流は、自分探しの過程でもあった。
「1世、2世の方は、本気で叱ってくれて、本気で褒めてくれる。そこに日本人とは違った”情”を感じる」
これまで撮りためてきた作品を発表する展示会を、年内には開く予定だ。

2018-01-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません