ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
パスポートの写真規定緩和
安全を懸念する声も

 外交部は国民利便性を向上するため、両耳の露出義務を削除するなど、改定したパスポートの写真規格を25日から施行したと明らかにした。
外交部によると、新たに設けたパスポート写真規格として、▽肩の水平維持▽過度のメガネの使用と眉毛遮蔽禁止▽制服・軍服着用不可▽両耳の露出義務▽かつら・装身具の着用不可などの項目が削除された。
また、幼児の縦髪の長さ(頭頂からあごまで)が2・3~3・6センチだとしていた条項を修正して、成人規格と同じ3・2~3・6センチで統一した。
外交部は、「国際民間航空機関(ICAO)で定められたパスポートの写真の基準を満たしながら国民の利便性を向上させる方向に改正した」と規格改定の理由を明らかにした。
一方でネットでは、「身元確認を緩和するのではなく、強化すべき。本人かどうか区別できないようになれば、スパイが出入国しやすい世の中になる」「海外では強化する方向なのに、自分たちは逆行するのか。今回の改定は本当に国民のために資するのか。理解不能だ」など、緩和に反対の声が多かった。
平昌オリンピックに朝総連の応援団が訪韓するなど、このタイミングでの改定に、安保面での不安感を抱く人も少なくないとみられる。

2018-01-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません