ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新韓金融 ベトナムで2例目のM&A
ダボスで銀行部門4位に選出

 新韓金融グループ(趙鏞炳会長)の中長期戦略「2020プロジェクト」が、明らかな成果を表し始めている。
新韓金融は23日、新韓カードを介し、Prudential金融グループ(本社=イギリス)のベトナム消費者金融会社、「PVFC」の持株100%を買収する契約を交わした。昨年の新韓ベトナム銀行ANZBANKベトナムリテール部門の買収に続き、ベトナム市場で2例目となる吸収合併(M&A)となった。非銀行部門では初めてのM&Aだ。
新韓金融は、今回の買収がグローバル市場の収益シナジー効果を倍増させるものと期待している。新韓金融は、ベトナム国内の外国系銀行トップを走る「新韓ベトナム銀行」と、現地の証券会社「新韓金融投資」を保有。さらに消費者金融会社も加わり、多様なビジネスチャンネルを確保した格好だ。ベトナム国内の各系列会社における顧客間の重複が少ないため、営業基盤の拡大につながる効果が期待されている。
新韓ベトナム銀行は昨年末基準で、総資産33億ドルに達した。ベトナム国内の新韓カード会員は24万人、総顧客数は90万人を確保している。今回買収したPVFCは、ベトナム4位の消費者金融会社で、2016年度の純利益は100億ウォンを上回っている。
一方、新韓金融は同日行われたスイスのダボスフォーラムでは「世界で最も持続可能性のある企業100」に6年連続で選ばれた。全体の企業順位は46位で、昨年の40位より順位を下げたが、銀行部門では全体の4位に位置付け、昨年の9位より5ランク上昇した。ダボスフォーラムで世界的銀行に選出された国内の金融会社は唯一、新韓金融だけだ。
「グローバル100」は、カナダの経済専門紙「コーポレートナイツ」が05年から毎年実施している。全世界の時価総額上位の企業を対象とし、17の成果指標を基準に調査・選定してダボスフォーラムで発表している。 (ソウル=李民晧)

2018-01-31 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません