ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新韓金融 ベトナムで2例目のM&A
ダボスで銀行部門4位に選出

 新韓金融グループ(趙鏞炳会長)の中長期戦略「2020プロジェクト」が、明らかな成果を表し始めている。
新韓金融は23日、新韓カードを介し、Prudential金融グループ(本社=イギリス)のベトナム消費者金融会社、「PVFC」の持株100%を買収する契約を交わした。昨年の新韓ベトナム銀行ANZBANKベトナムリテール部門の買収に続き、ベトナム市場で2例目となる吸収合併(M&A)となった。非銀行部門では初めてのM&Aだ。
新韓金融は、今回の買収がグローバル市場の収益シナジー効果を倍増させるものと期待している。新韓金融は、ベトナム国内の外国系銀行トップを走る「新韓ベトナム銀行」と、現地の証券会社「新韓金融投資」を保有。さらに消費者金融会社も加わり、多様なビジネスチャンネルを確保した格好だ。ベトナム国内の各系列会社における顧客間の重複が少ないため、営業基盤の拡大につながる効果が期待されている。
新韓ベトナム銀行は昨年末基準で、総資産33億ドルに達した。ベトナム国内の新韓カード会員は24万人、総顧客数は90万人を確保している。今回買収したPVFCは、ベトナム4位の消費者金融会社で、2016年度の純利益は100億ウォンを上回っている。
一方、新韓金融は同日行われたスイスのダボスフォーラムでは「世界で最も持続可能性のある企業100」に6年連続で選ばれた。全体の企業順位は46位で、昨年の40位より順位を下げたが、銀行部門では全体の4位に位置付け、昨年の9位より5ランク上昇した。ダボスフォーラムで世界的銀行に選出された国内の金融会社は唯一、新韓金融だけだ。
「グローバル100」は、カナダの経済専門紙「コーポレートナイツ」が05年から毎年実施している。全世界の時価総額上位の企業を対象とし、17の成果指標を基準に調査・選定してダボスフォーラムで発表している。 (ソウル=李民晧)

2018-01-31 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません