ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年01月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 先日閉幕したテニスの全豪オープンで、韓国の鄭現選手がベスト4に入った。韓国人選手としては、メジャー大会最高の成績だ。韓国も日本も、厳しい寒さに見舞われているが、それを忘れさせてくれるような、南半球からのホットなニュースだった▼鄭現は韓国のみならず、日本でもテニスファンには知られた注目株だった。ただ、強敵を退けて快挙を達成したことで、この21歳の知名度は一気に上がったに違いない▼好感度も上がっているようだ。彼が錦織圭について「尊敬している」と話していることなどから、「謙虚な若者だ」「政治とは別に評価したい」と好意を抱く日本人は少なくない。鄭現は、昨年の錦織との直接対決では惜敗したが、その際も錦織へのリスペクトを示した。その彼は今や、世界ランクで錦織に迫っている▼鄭現の相手を尊敬する気持ちが、嫌韓感情を持つ一部の日本人の気持ちを揺るがしたように、相手への敬意は、信頼関係の構築に欠かせない。昨年、朝鮮通信使が世界記憶遺産に登録されたが、当時の韓日間で重要な役割を担った対馬藩の儒学者・雨森芳洲も「誠信の交わり」を説いた▼「互いに欺かず、争わず、真実をもって交際する」ことを重視した芳洲の教えは、今の韓日の政治指導者にこそ肝に銘じてほしい考えだ。おりしも、平昌五輪の開会式に、安倍晋三首相が反対の声が大きい中、あえて出席する。▼首脳会談には時限があるが、韓日関係は永遠に続く。未来に希望がさす会談にしてもらいたい。

2018-01-31 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません