ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年01月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 全貞善さん(東京泉学校理事長・校長)
「自らの言語・文化の習得を」

世界を舞台に活躍してほしい
 結婚を機に来日して20年になる全貞善さん。中国延辺生まれの中国同胞だ。1992年、韓国と中国の国交正常化以降に親戚訪問のため、初めて韓国を訪れた。
上海に在住の頃は、中国に進出した韓国企業のサポートを担い、韓中の友好増進に一役買ったと自負する。その頃に大学教授の現在の夫と出会い、日本に行くことを決心。しかし周囲の反対が強かったという。
「何よりも日本語を話せないことが不安だった。当時の経験から『言語』の大切さを学んだ」
現在、千葉県に在住。世界韓人貿易協会の千葉支会の一員として活動する。来日後、韓国語と中国語の講師を務めた経験を生かし、千葉支会でも日本語で生活する朝鮮族2世のために「言語教育」を始め、同支会で女性会を作り会長を務めた。
全さんは、「私のような中国同胞は韓国語・中国語・英語はできるが、日本語が弱い。だが日本語だけでなく、ハングルの標準語も教えなければならないと思い、本格的なハングル教育を始めるようになった」と話す。
子どもの頃に住んでいた家の近くに「泉」があったことから「東京泉学校」と命名。在外同胞財団などの関連機関や、在日同胞からの支援に感謝し、学校の子どもたちが自らの言語、文化を習得、将来日本と世界を舞台に、活躍できるよう手助けするという目標に向かって努力している。

2018-01-24 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません