ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年01月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ビットコイン対策迷走 
取引所の閉鎖など示唆

 韓国銀行(中央銀行)の李柱烈総裁は18日、金融通貨委員会後の記者懇談会で、ビットコインなどの仮想通貨について「法的支払い手段を持たず、貨幣としての機能も果たせない」との見解を発表した。また、李総裁は「仮想通貨の投資を禁止しても、金融安定を阻害する可能性は、現在のところ制限的だ」と見解を述べた。
仮想通貨取引については朴相基法務部長官が11日、異常なまでの投機の過熱を理由に、取引所の閉鎖を推進する意向を示したが、この発言を受け、規制に反対する請願が20万人以上集まり、政府の回答を求めていた。
金東兗副首相兼企画財政部長官も16日に「仮想通貨取引所閉鎖は生きているオプション」と言及し、取引禁止の推進を示唆。
文大統領は、ビットコイン対策について「さまざまな官庁が関わる政策で各官庁の立場が異なる。今後、協議を経てそうした立場の溝を埋め、決定することになるだろう」としている。 世界的にはビットコインの取引を規制する方向に向かっているが、韓国は世界有数のビットコイン取引国。禁止の政策を推進した場合、反発が予想され、今後どのような対策を決定するか注目される。

2018-01-24 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません