ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年12月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「韓国と日本は必然の運命」―日本国元首相 中曽根康弘―
中曽根康弘元首相は4日、「韓国と日本は、東アジアの歴史を共有する必然の運命」であり、「お互い不幸な歴史を乗り越えてアジアの安定と平和はもちろん、世界の平和に貢献することが両国の宿命」と述べた。韓国の金鍾泌元国務総理の「金鍾泌証言録」日本語版出版報告会での発言。また、韓日両国が「安全保障問題、経済など、互いに協力し、この問題を解決するためにも対話と交流の努力を続けなければならない」と付け加えたという。

「現政権は親北主体思想派」―自由韓国党代表 洪準杓―
洪準杓代表は5日、ソウルのプレスセンターで開かれた寛勲討論会に参加した。現政権を親北主体思想派政権だとして引き続き批判するかとの質問に、「北韓は核兵器を作り、世界は経済制裁をするのに、韓国政府が北韓を助けてあげるとすれば、親北ではないか。主体思想派は主体思想派ではないだろうか」と答えた。また、韓国党は反北右派政党かとの質問に、「韓国党は反北ではない。北に反対する理由はなく、北韓は統一の対象である。韓国党は保守右派政党だ」と答えたという。

2017-12-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5)
静かに進む南北連邦制?「韓半島史上最...
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(6)
アジア経済短信
波紋を呼ぶ 米国の新国家安全保障戦略
ブログ記事
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
文在寅は在任中、「国家自殺的な改憲はしない」と宣言せよ(趙甲済)
金正恩の狂気の暴走に対して米国はチャーチルのように対応せよ!
自由統一
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<2>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<1>
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません