ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年12月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 佐野 良一さん(イベントプロデューサー)
文化で韓日つなぐ懸け橋に

手掛けた仕事は多彩
 韓日を文化でつなぐプロデューサーとして活躍する佐野さん。演劇やコンサート、テレビ、映画のプロデュースから文筆活動まで、手掛けた仕事は多彩だ。
韓国との出会いは1976年、韓国を代表する大手出版社だった三中堂に就職した。その後、韓国日報の記者を経て、イベントプロデューサーに。韓日の懸け橋となる仕事もより充実することに。
「釜山港へ帰れ」で知られる趙容弼氏を初めて日本に紹介したのも、佐野さんだ。
「83年に、ラジオの報道局にいた友人たちと、アジア各国の流行歌を集めたコンサートを企画。日本では無名だった趙容弼氏に出演してもらいました。レコード会社の友人が、そこで彼の歌を聞いて感動、日本でのデビューが決まりました」
その後、趙容弼氏を、通訳としてサポート。彼の日本でのファーストアルバムのライナーノーツも執筆した。
韓国で、日本大衆文化解禁認可第1号となった映画「愛の黙示録」も佐野さんのプロデュース。
「資金集めを手伝ってほしいといわれ参加、現場と意見が合わずよく喧嘩になった。でも韓国映画界重鎮の金洙容監督との出会いなどがあり、以降の活動につながる貴重な経験となりました」
ライフワークのように行っている活動がある。韓国ミュージカル「パルレ(洗濯)」のPR。パルレで韓国語を学ぶという本を企画・編集し、2015年の10周年記念公演の舞台では感謝の盾を贈呈された。

2017-12-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません