ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-01-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年12月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 佐野 良一さん(イベントプロデューサー)
文化で韓日つなぐ懸け橋に

手掛けた仕事は多彩
 韓日を文化でつなぐプロデューサーとして活躍する佐野さん。演劇やコンサート、テレビ、映画のプロデュースから文筆活動まで、手掛けた仕事は多彩だ。
韓国との出会いは1976年、韓国を代表する大手出版社だった三中堂に就職した。その後、韓国日報の記者を経て、イベントプロデューサーに。韓日の懸け橋となる仕事もより充実することに。
「釜山港へ帰れ」で知られる趙容弼氏を初めて日本に紹介したのも、佐野さんだ。
「83年に、ラジオの報道局にいた友人たちと、アジア各国の流行歌を集めたコンサートを企画。日本では無名だった趙容弼氏に出演してもらいました。レコード会社の友人が、そこで彼の歌を聞いて感動、日本でのデビューが決まりました」
その後、趙容弼氏を、通訳としてサポート。彼の日本でのファーストアルバムのライナーノーツも執筆した。
韓国で、日本大衆文化解禁認可第1号となった映画「愛の黙示録」も佐野さんのプロデュース。
「資金集めを手伝ってほしいといわれ参加、現場と意見が合わずよく喧嘩になった。でも韓国映画界重鎮の金洙容監督との出会いなどがあり、以降の活動につながる貴重な経験となりました」
ライフワークのように行っている活動がある。韓国ミュージカル「パルレ(洗濯)」のPR。パルレで韓国語を学ぶという本を企画・編集し、2015年の10周年記念公演の舞台では感謝の盾を贈呈された。

2017-12-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5)
静かに進む南北連邦制?「韓半島史上最...
アジア経済短信
波紋を呼ぶ 米国の新国家安全保障戦略
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
文在寅は在任中、「国家自殺的な改憲はしない」と宣言せよ(趙甲済)
金正恩の狂気の暴走に対して米国はチャーチルのように対応せよ!
自由統一
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<2>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<1>
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません