ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年12月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 流行語大賞やヒット商品番付、そしてレコード大賞。本号が発行されるころには、今年の漢字も決まっているだろう。2017年も、しまいの時期を迎えた▼こうしていくつか挙げてみるだけでも、日本の独特の感覚といおうか、「今年1年を振り返る」という行為を大事に、そして楽しみにしているかがわかる▼女子中学生(JC)と女子高生(JK)に限定した「JC・JK流行語大賞」というのもある。今年は「ヒト」部門のトップに韓国の9人組ガールズグループ「TWICE」が選ばれた。「モノ」部門は「チーズタッカルビ」。決して良好ではなかった今年の韓日関係だが、来年以降が少し明るくなる知らせだ▼とかく芸能方面には疎い小欄だが、韓国で今年の流行語を決めるとしたら「積弊」になろうか。前大統領の弾劾という政治的な一大事件にとどまらず、司法や社会の隅々に浸透した。悪しき慣習を正すというと聞こえはいいが、今この言葉は、韓国の根幹を揺るがしている▼この時期は、お世話になった人への感謝もひとしおとなる。年賀状やお歳暮だ。感謝する相手は人だけではない。針供養や人形供養は、12月がもっとも盛んだという▼年の瀬に、心の痛むニュースもある。東海(日本海)で相次ぐ木造船の漂着だ。多くの北韓同胞が、無慈悲な首領のせいで命を落としている。彼らはまともに供養されることなどない。希望や感謝の気持ちとともに、許せないとの怒りがわく。民団、朝総連の無関心ぶりは度が過ぎている。同族として行動で情を示して欲しいものだ。

2017-12-13 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5)
静かに進む南北連邦制?「韓半島史上最...
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(6)
アジア経済短信
波紋を呼ぶ 米国の新国家安全保障戦略
ブログ記事
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
文在寅は在任中、「国家自殺的な改憲はしない」と宣言せよ(趙甲済)
金正恩の狂気の暴走に対して米国はチャーチルのように対応せよ!
自由統一
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<2>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<1>
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません