ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年12月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

シンガポール 自動運転バス試験走行へ
シンガポールは2022年から、北東部のプンゴール、西部のテンガ、ジュロン・イノベーション地区の3カ所で、自動運転バスの試験サービスを実施する。11月22日、コー・ブンワン・インフラ調整相兼運輸相が明らかにした。自動運転は、夜間などの交通量が少ない時間帯に、路線バスやシャトルバスの運行から始める。これに伴い、南洋工科大学と政府系の工業団地運営機関「JTCコーポレーション」は、ジュロン・イノベーション地区に自律走行車の試験センターを開設した。2ヘクタールの敷地内には、実際の道路を再現したコースのほか、荒天時のシミュレーションが可能な設備も整備されている。
タイのテレビ市場、W杯で回復期待
韓国のLG電子(タイランド)は、ロシアで来年行われるサッカー・ワールドカップの影響で、タイにおける来年のテレビ市場が、4年ぶりに回復するものと予測している。同国における2015年から16年のテレビ市場は、いずれも前年割れだったが、来年はワールドカップ特需により、今年度比5~10%前後の拡大が見込まれるという。LG電子は、来年に向けて、インターネットテレビを中心に30種類以上の新型テレビを発売する予定だ。年末、クリスマス商戦に向けては、65インチの有機ELテレビ「W7T」を発表している。
中国 エコバス目標20万台到達へ
中国で運行中の公共バスのうち、電気自動車をはじめとするエコカーは、年内にも20万台に到達する見通しだ。中国の交通運輸省が11月23日、定例会見で発表した。2020年までに20万台に到達させるという計画だったが、目標を大きく前倒しした格好だ。タクシーや配送車などの輸送車両全体としては、エコカーの台数が年内には30万台、20年には60万台に達する見込みだ。同省はさらに、最近シェアサイクル業界準大手の小藍単車社が経営危機に陥ったことで、保証金が利用者に返金されない問題が発生していることも明らかにし「交通運輸省も大変重視している」などと述べた。

2017-12-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません