ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年12月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「AIスピーカー」競争激化
サムスン、ネイバー、カカオが相次ぎ発売

 話しかけると、人工知能(AI)が音楽の再生や家電の操作などをしてくれる、AIスピーカーの販売競争が、韓国でも勃発している。IoT時代のデータをつなぐ「ハブ」であり、スマートフォンの次の端末としても注目されている。

日本の家電量販店でも販売されているLINEのAIスピーカー
 韓国で「AIスピーカー」をめぐる競争が激しくなっている。
AIスピーカーとは、音声で操作できるスピーカーのことで、音楽を再生するだけでなく、家電や照明のコントロール、天気予報やニュースなど、さまざまな生活情報を伝えてくれる。アシスタント機能をもつスマートホーム(IoT化された家)のコントロールタワーといえる。「癒してほしい」「踊りたい気分」などと話しかけると、それに応えて、その気持ちに合った音楽を選んで、自動再生してくれる。文字通り人工知能(AI)機能を有したスピーカーだ。
米国では2014年に、アマゾンが「AmazonEcho」を発売し、AIスピーカーブームが巻き起こった。グーグル、アップルなど最先端技術を扱う大手企業もこれに続き、16年には650万台が普及、17年には2450万台を売上げると予想されている。”ネクスト・スマホ”として期待される商品だ。
韓国では、キャリアのSKテレコムとKTが先行して同市場に参入、2強体制を築いてきた。昨年、SKテレコムが「NUGU」を発売、今年4月末時点で販売台数10万台を突破した。今年1月にはキャリアのKTがAIスピーカーにカメラを搭載した「Giga Genie」を発売、今年度50万台の売上げ目標を掲げている。
一方、今年に入り他大手企業が参入、競争が激化している。サムスン電子は、音声認識AIアシスタント「Bixby」をGalaxyS8シリーズに搭載。16年に同社が買収したオーディオブランド「Harman Kardon」も5月、MSのAIアシスタントCotanaを搭載したAIスピーカー「Invoke」を発売した。さらにLINEの親会社で韓国シェア1位のポータルサイトネイバーが、クラウドAIプラットフォームの「Clova」を利用した「Wave」を発売。またメッセンジャー大手「カカオ」も独自に開発した人工知能プラットフォーム「カカオアイ」を利用した「カカオミニ」でこれに続き、シェア争いを繰り広げている。
各社が競って新製品を発表する理由は、「IoT」「AI」など”第4次産業革命”と呼ばれる分野の覇権争いの序奏ともいえる。AIスピーカー販売競争で勝利すれば、「IoT」で優位に立つことができる。ユーザーにAIスピーカーを利用してもらうことで、生活や消費に関するより多面的なデータをリアルタイムで入手できるからだ。それらのビッグデータを分析することで、さらなるサービスを提供することができる。
競争は国内にとどまらない。アマゾンジャパンでは自社の通販サイトでLINEの「Wave」の販売を停止した。アマゾンは自社製品の「エコー」を日本で販売するため、ライバルより自社製品の普及を優先したための措置とみられる。

2017-12-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません