ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年11月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「芸術家として自分の仕事を」―彫刻家 金永元―
朴正熙元大統領の銅像を制作した彫刻家の金永元さんは、「芸術家として自分の仕事をやっただけだ」と述べた。同氏は「私は彫刻家で、政治家ではない。韓国の近現代史をとても光栄に思っている」とし「韓国は短期間で、世界10位の経済国になった。私たちが子どもの頃、貧しかったが今は豊かになった。すべて近現代史を引っ張ってきた指導者が大きな役割を果たしたと考えている」と付け加えたという。

「社長解任で放送掌握にピリオド」―正しい政党スポークスマン イ・チョンチョル―
正しい政党のイ・チョンチョルスポークスマンは、放送文化振興会が金章謙MBC社長解任案を可決したことについて、「文在寅政権は内部文書どおりにMBC放送の掌握にピリオドを打っている」と批判した。イ・スポークスマンは、「共に民主党の放送掌握内部文書には、『政府が表に出れば言論弾圧だという逆攻勢の恐れがあるので、放送局のメンバーや市民団体、学界を中心とした社長退陣運動の展開が必要だ』としている」と指摘したという。

2017-11-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません