ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年11月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
鳥インフル再発 五輪に影響の恐れも

 韓国でまた鳥インフルエンザ(AI)が発生した。全北・高敞郡の肉用アヒル農場で検出されたウイルスがH5型と確定診断された。昨年11月に発生し、今年7月までに家禽3800万匹が殺処分されるという史上最悪の被害から1年ほどで再びAIが確認された。
今年10月13日に回復したAI清浄国の地位も失われる。清浄国の地位を失うと、生肉など新鮮家禽製品の輸出が全面的に中断される。特に平昌冬季オリンピック・パラリンピックが迫った状況でAIが拡散した場合、被害が大きく、大会運営にも影響を与えることが懸念される。

2017-11-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません