ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年11月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国史を彩る王たちの物語67 ― 第22代 文周王
高句麗・百済・新羅は競い助けあった

 高句麗の侵攻に遭った蓋鹵王は、子の文周を新羅に遣わして救援を求めた。新羅から1万の兵を与えられた文周が、兵を率いて百済に戻ると、高句麗兵はすでに引き上げていて、百済の城は陥落し、父王は高句麗の攻撃で亡くなっていた。
660年代に統一新羅を形成する高句麗・百済・新羅の3国は覇を競い合いながら、文周が新羅に救援を求めたように、3国は互いに救援を求めることもよくあった。国勢を張り合いながら、必要に応じて助け合ったりもした。それは文化を共有し、特に言語が通じ合うという共通点があったからだと思う。ツングース語・韓国・朝鮮語・日本語は膠着語の中に含まれ、漢(中国)語は独立後といわれ、文法構造が異なる。言語構造の共通性がそうした交流を生む大きな要因だと私は考えている。
文周は、476年に第22代の王位を継ぐと王都を熊津(コムナル・公州)に移した。白馬江の上流の錦江の曲線を描いたほとりに、公山城という古跡がある。私が1966年に初めて訪れたとき、ソウルに面した川辺に、公山城の名残を留めたような城門と建物があり、その奥に民家が点々と建ち並び多くの村人が住んでいた。直感的にそこは古代の城跡だと感じた。私は村人に聞いて歩いたが、ほとんどの住人が6・25動乱のとき避難してきた人たちで、歴史に関して何も知らなかった。
私の聞き歩きを見ていた公州生まれの人が声をかけてくれ「ここは昔、城であったと言われています。ただ公山城という今の通りだったかどうかは分かりません」と言い、近くにいた村人が、「山の周辺に石垣が残っていますよ」と教えてくれた。それを聞いた私は、革靴を履いたまま石を積み重ねた城壁を確認するために歩いた。10分ほど歩いた辺りで、古い城壁が点々と続いている所に出た。城壁の上を歩いて行くと、公州市内から入る公山城の城門にたどり着いた。その後、数度公山城に出かけて、私が最初に出会ったとき直感した文周王が遷都としたコムナルではないか、個人的に確認してみた。裏付けも否定もできなかったが、公州博物館の館長を訪ねて聞いてみた。親切に対応してくれたが、当時の研究では確認することができなかった。60年代の終わりころ避難生活をしていた住民は移動を命じられ、そこは歴史の遺跡として保存されるようになったが、文周王が遷都した王城であるかどうかについては、否定も肯定もされていない。
コムナルとは「熊の渡し」の意味で、漢字で熊津とも熊川とも書き、檀君神話で熊が天帝の力を得て人間の女性に生まれ変わることでも分かるように熊信仰は古くからあった。熊が百済に渡った場所がコムナルと呼ばれている。
(キム・ヤンギ 比較文化学者)

2017-11-15 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
「民衆党」で蘇った統進党 
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
ブログ記事
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません