ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年11月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「国民に心配かけて申し訳ない」―前国家情報院長 李丙琪―
李丙琪前国家情報院長は13日、検察に召喚された。国家情報院の特殊活動費を青瓦台に上納した疑惑だ。李前院長は検察の出席に先立ち、「国民に心配をかけて申し訳ない」と述べた。検察は特殊活動費の上納と関連し、前職の国情院長の調査を終えた後、上納指示疑惑を受けている朴槿惠前大統領の調査時期と方法を決定する計画だという。李前院長は2014年7月から15年2月まで国情政院長を務めた。

「大統領府と与党はずる賢い」―国民の党代表 安哲秀―
安哲秀代表は、国会で開かれた最高委員会に出席し、「大統領府と与党はずる賢い」と指摘した。また「党派理念を超え唯一の民生、未来のために最適の解決策を見つけなければならない」と述べた。安代表は、「大統領府と与党は協治と責任の政治を叫んだが結局、国会パッシング、企画財政部パッシングだけか」とし「立法議題は当然、国会の常任委員会で激しく議論しなければならない。誰よりも与党が責任をもって協力と合意をもたらすべきである」と強調したという。

2017-11-15 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5)
静かに進む南北連邦制?「韓半島史上最...
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(6)
アジア経済短信
波紋を呼ぶ 米国の新国家安全保障戦略
ブログ記事
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
文在寅は在任中、「国家自殺的な改憲はしない」と宣言せよ(趙甲済)
金正恩の狂気の暴走に対して米国はチャーチルのように対応せよ!
自由統一
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<2>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<1>
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません