ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年11月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「京都耳塚慰霊祭」開催
民団関係者ら150人参加

 ソウルの社団法人ギョレオル活動国民運動本部(姜基洪本部長)が主催する京都耳塚慰霊祭が9日、同所で行われた。京都や大阪の民団関係者ら150人が献花、慰霊した。
主催者は、「過去の歴史を反面教師とし、韓日は新しい関係を切り開いていかねばならない」などと述べた。京都府・市議や韓国国会議員、河相泰民団京都本部団長らの追悼辞もあり、檀王法林寺(左京区)の信ケ原雅文住職ら6人の僧侶も参列。念仏追悼や韓国国立民俗国楽院舞踊団による韓国伝統舞踊の奉納も行われた。
耳塚は、豊臣秀吉による朝鮮侵攻の際に、犠牲となった朝鮮人を追悼するために作られた。当時、武功を証明するために朝鮮人の耳や鼻を削ぎ落とし日本に送られた。それらが京都市東山区に埋められ、耳塚と称されている。朝鮮通信使が来日した際は、耳塚を見せないために天幕が張られ、隠蔽されたというエピソードも残っている。

2017-11-15 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません