ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年11月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ウォン急騰、対円で最高値
輸出企業への悪影響を懸念

 10月以降、ウォンが急伸している。10月に入り1カ月で、ウォンは対円で39ウォン(3・9%)上昇し、対ドルレートは31ウォン(2・8%)上昇した。2日には対ドルレートで1ドル=1113・50ウォンを記録し、年初来高値(1112・80ウォン)に迫った。一方、対円レートは3日時点で、100円=977・19ウォンまでウォン高が進行し、2015年以降で最高値を付けた。
急速なウォン高に伴い、キム・ドンヨン経済副首相兼企画財政部長官は3日、「ウォン高ペースが速過ぎるため、鋭意注視している」と発言し、警戒感を強めた。韓国政府当局者の発言の影響を受け、5日にはウォンの対ドルレートが6営業日ぶりに小幅反落し、1115ウォンで取引を終えた。しかし、その後再びウォン高局面へ。7日には対円で975・26の最高値を記録した。
10月に入っての急激なウォン高には、いくつかの要因がある。韓国銀行が、年内利上げを示唆したこと、7~9月期の国内総生産(GDP)が前期比で1・4%と高成長したこと、また半導体に牽引され輸出が好調なこと、などだ。
このままウォン高が進めば、韓国企業の輸出に相当な負担になることが予想される。世界市場で韓国の輸出競合度は日本が一番高いため、対円でウォン高が進めばより大きな影響を受ける。また、課題となっている外国人観光客の入国と、韓国人の出国の差がさらに拡大することも予想される。

2017-11-15 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません