ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年11月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 怖いもの見たさ半分の関心が高まったわりに、際立った成果はなかったと評さねばなるまい。トランプ大統領のアジア歴訪は、1週間以上にわたる日程をすべて終えた▼北韓情勢をめぐる切迫した協議が行われるはずだったトランプ訪日に対して、日本のメディア、特にテレビ各局は首脳同士のゴルフや天皇との謁見などを騒がしく報じた。トランプ大統領に先んじて、露払いのように来日した娘のイバンカ大統領補佐官に関する報道は、まるでアイドルのようだった▼トランプ大統領は拉致被害者家族に会い、北韓をめぐる安全保障問題について安倍首相と話し合ったとはいえ、緊張感は乏しかった。これは、北韓がここしばらくおとなしくしていることと無関係ではあるまい。連日のようにミサイル発射が行われていた時期だったらどうだったか▼のど元過ぎて熱さを忘れてしまったわけではなかろうが、水面下で動いている情勢に先手を打つことが求められる▼この間、亡命した元高官から、興味深い指摘があった。トランプ大統領が対北協力を求める中国に対し、脱北者の強制送還をやめさせるべきと提案したのだ。これは実効力の見込める措置だ▼難民条約に加盟する中国は、もう何年も前から脱北者の強制送還を非難されてきた。彼らが言うには、脱北者は「経済目的の不法入国者」であるが、そんなことはあるまい。中国が国内に潜伏する脱北者を韓国に送るだけでいい。北緯38度線で止まっている韓国の繁栄が、韓半島全域に広がる日は近づくだろう。

2017-11-15 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません