ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年11月08日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「ちがいを豊かさに」
東大阪で国際フェス

 「ちがいを豊かさに~多民族共生のまちづくりは東大阪から」をテーマにした東大阪国際交流フェスティバルが3日、布施三ノ瀬公園で開催された。延べ7000人を超す人が集った。東大阪市には68カ国1万7269人の外国人が居住しており、”アジアの出逢い・世界の出逢い”をと、NPO法人東大阪国際共生ネットワークが主催した。
共同代表の張守男民団布施支部支団長は「韓国・朝鮮、中国、ベトナム、フィリピン、ネパール、メキシコ、沖縄の方たちが歌と踊りを通じてそれぞれの文化を尊重し、この祭りを盛り上げている」と説明・呉龍浩特別顧問も「多文化共生社会の実現に向けてさまざまな発信ができた。今後は国際交流センター開設によって、国際共生の街東大阪が一層推進されることを期待する」などと述べた。野田義和東大阪市長も「国籍や言語、文化、習慣の違いを認め合い、互いの人権を尊重しながら生活できる多文化共生社会の実現に取り組んでいく」などと述べた。

2017-11-08 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません