ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年11月08日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大会まで100日、2018㌔の聖火リレー
「一つになった熱情」 残り1%を埋める

観光名所として浮上したスキージャンプ台の上から見下ろした風景、着地点付近は、プロサッカーチーム江原FCの本拠地として使われる予定だ(10月30日、平昌)

 最近、韓国では2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック聖火リレーが真っ最中だ。ギリシャのアテネで採火された聖火は1日、仁川空港に到着。済州島や釜山など全国17の市道を経由して2018キロを走る。大会100日前、聖火リレーとともに本格的なオリンピック熱が高まりそうだ。(平昌=李民晧)
聖火の訪韓は、1988年のソウル五輪以来30年ぶりだ。平昌での五輪開催決定から6年。長い待ち時間を経て「新しい地平(New Horizon)」を開こうとする平昌の夢が現実に近づいてきた。
工程率100%という指標が示すとおり、ハード的での準備は完了段階だ。現場で見た競技場は、仕上げの真っ最中だった。平昌の雪上競技場7カ所、江陵の氷上競技場5カ所、開閉会式場、選手村周辺は、内装作業を行っていた。
韓国に到着した聖火(1日、仁川空港)
 今年初めに行われた26のテストイベントで指摘された問題点を改善することに焦点を当てていると、オリンピック組織委側は言う。オリンピックのスポンサーシップも100・7%を達成し、12月末には仁川空港からソウル、江陵を結ぶ高速鉄道KTXが開通する。江陵までソウルから2時間40分、仁川空港から3時間でアクセス可能になる。
組織委の呂炯九事務総長は、D―100内外信合同記者会見で「聖火リレーは、全国で計7500人のランナーが走り、150以上の都市で繰り広げられる」と説明。「オリンピックの熱気が高まるのは確実」と強調した。呂総長のQ&Aの要旨は次のとおり。
 ――平昌オリンピック・パラリンピックで期待していることは。
「88ソウルオリンピックが世界に韓国の発展を知らせる契機であったとしたら、平昌オリンピック・パラリンピックは、世界のリーディング国家として発展していく姿を見せる大会になる。万全の準備をしている。日々イベントが開かれるオリンピックを目指し、約1000種類のプログラムを準備している」
 ――韓半島の緊張状態、北韓の脅威が大会に与える影響について。
「韓国は南北分断状況の中でも88オリンピックと2002年ワールドカップサッカー大会などを成功させた経験と力量がある。平昌も安全・平和オリンピックの具現のために努力している。国際機関と緊密な協力体制を整えて、テロなどの安全対応訓練を継続している。11月に国連総会で『オリンピック期間中は休戦する』という発表があるだろう。北韓との関係問題は、政府の努力と協議が行わなければならない事案であり、組織委員会は南北関係の進行状況に呼応する。北韓チームの参加など、すべての可能性に対処できるように準備している」
 ――チケット販売や国民の関心は低迷しているが。
仕上げ作業の真っ最中のオリンピック開閉会式場(10月30日、平昌)

「チケットの販売目標量は107万枚だ。このうち、国内割り当てが70%だ。聖火リレーが販売の転換点となり、大会2カ月前ぐらいにはチケット販売が急増すると見ている。購買戦略は、地域的には購買力が高く、人口が密集しているソウル・京畿の首都圏、年齢的には、20~40代までの若い層を集中して攻略しようとしている。人気がない種目は、広報などを通じて団体購入を誘導することになる。このほか、公共施設に広報ゾーンを設置し、海外では公館付設の文化院を通じて積極的に広報しようとしている。これまでのオリンピックブームアップの障害要因は、経済事情や安全保障問題であった。最近の世論調査では67%の国民がオリンピックは成功すると答えるなど、ブームアップの兆しが見えている」

2017-11-08 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
「民衆党」で蘇った統進党 
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
ブログ記事
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません