ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-21 06:44:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年11月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
連覇逃した「技術強国」
韓国、総合2位で危機感

 10月14日から19日までUAEで開催された第44回国際技能オリンピック大会で、5連覇中の韓国が2位に沈んだ。今回の優勝は中国だった。
韓国は1967年から29回出場し、前回までの5連覇も含めて19回の総合優勝を飾っている。「技術強国」と呼ばれ、技能オリンピックでは絶対的な強さを誇っていたが、初めて中国の後塵を拝した。中国は2011年のロンドン大会から出場し、4回目で優勝を果たした。
今回の大会では、韓国が伝統的に強さを発揮してきた機械、電子分野での不振が目立ち、総合優勝を逃したとの分析が出ている。韓国は金メダル8、銀メダル8、銅メダル2。一方の中国は金メダル15で韓国の2倍に達した。
一部では、韓国の衰退は予想されていたとの声もある。専門家からは、「『韓国人は手先が器用』という評価に油断し、最先端の技術が続々と導入される環境に適応しきれなかった」との指摘があったという。
韓国チームの関係者は「中国は11年の大会で溶接など6つの職種、13年は美容など22職種のみの出場だったが、その大会からすでに結果を出してきた。これからは中国の成長・優勝が続くだろう」と危機感を募らせる。
一方、今大会では、慶南工業高校に在学中のファン・ジュヒョク、ファン・ミンヒョン選手が、モバイルロボットの組み立てと維持・管理などの課題を実行するモバイルロボティックス職種に参加し、09年のカナダ大会から続く韓国勢5連覇の金字塔を築いた。木工職種でもチャン・ジェヨン選手が金メダルを獲得し、韓国勢4連覇を成し遂げた。

2017-11-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません