ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-01-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年11月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
通信使でトーク 世界遺産登録に向け
大阪に専門家が集結

鄭成一教授の講演
 大阪韓国文化院と大阪歴史博物館は10月21日、「新時代の朝鮮通信使~ユネスコ世界記憶遺産登録と研究の展望」と題する韓日交流トークイベントを、大阪歴史博物館講堂で開催した。江戸時代に朝鮮から日本を12回訪れた外交使節団である朝鮮通信使を今日的視点から考察し、明日に向けての韓日交流に資そうというのが狙い。200人が参加した。


今回のトークイベントででは、光州女子大学の鄭成一教授、西南学院大学の尹芝惠准教授、大阪歴史博物館の大澤研一学芸課長の各氏が講演し、登録に向けた韓国側の動きや、通信使に関する最新の情報・研究を発表した。


鄭成一教授は、朝鮮時代後期(江戸時代)における韓日関係史、特に貿易史を専門とし、著書に『朝鮮後期対日貿易』(2000年)、『全羅道と日本~朝鮮時代海難事故の分析』(13年)、『常平通寶を所持した朝鮮の漂流民と對馬島』(16年)などがある。鄭教授は「通信使による交流の結果、両国はもとより、東アジア地域に政治的な安定がもたらされ、長期安定的な交易ルートを確保できたことは歴史的事実だ。そういう意味でもこの記録物は、人類共通の貴重な遺産でもある」などと述べた。


朝鮮通信使にまつわる絵画を中心とした、韓日比較文化研究を専門としている尹芝惠准教授は、英国で発見された通信使の船団図を紹介。大澤研一課長は、通信使の送迎に使われた大阪淀川での川御座船について解説した。

2017-11-01 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5)
静かに進む南北連邦制?「韓半島史上最...
アジア経済短信
波紋を呼ぶ 米国の新国家安全保障戦略
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
文在寅は在任中、「国家自殺的な改憲はしない」と宣言せよ(趙甲済)
金正恩の狂気の暴走に対して米国はチャーチルのように対応せよ!
自由統一
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<2>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<1>
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません