ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年11月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国国体 情報共有でチーム一丸
追われる在日の底力

権引率団長(在日本大韓体育会提供)
 10月26日に閉幕した第98回韓国国体で、在日同胞選手団が海外同胞部門6連覇を達成した。忠清北道一円で行われた今年の国体は、在日同胞にとって厳しい大会となった。序盤はなかなか結果が出ず、得点配分が高い金メダルを惜しくも逃す場面が多々あった。各国の同胞選手からマークされる立場の在日同胞は、在インドネシア同胞や在フィリピン同胞を追う展開となった。
最終日前日の25日の朝、在日同胞は首位の在インドネシア同胞に金メダル2個分の差をつけられていた。背後には、在米同胞チームが迫っていた。
在日同胞チームはここで奮起し、ボウリング女子マスターズ(前日までの個人成績上位の選手同士の試合)とサッカーの決勝で金メダルを獲得。この時点でインドネシアチームに並び、最終日のゴルフで逆転した。最終成績は金7・銀4・銅6個だった。
国内の有力選手と競った柔道では、高校女子70キロ級で梁智瑛(常翔学園高3年)が、昨年に続いて銅メダルを獲得した。
引率団長を務めた権五雄・在日本大韓体育会関西本部会長は「他国の同胞も力をつけてきており、勝負は紙一重だった。各競技の監督同士で情報を共有し、『絶対にこの勝負は落とせない』という気迫がチーム全体にあった」と勝因を分析する。また、各方面から物心両面の支援を受けたことに対して「変わらぬ支援に、選手・役員ともいつも感謝している。地元の方との交流にも顔を出していただいたことにも感謝したい」と述べた。大会前の目標は金メダル10個だったというが、最終的には7個ながら連覇の記録を伸ばした。先祖の故郷である忠州には、今も2カ月に1回ほど帰る。閉会式では、苦しい戦いの末に勝ち取った優勝カップを、高々と忠州の空に掲げた。

2017-11-01 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
「民衆党」で蘇った統進党 
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
ブログ記事
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません