ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-09-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年11月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

香港の就活 ワークライフバランス重視
香港の求職者が、就職活動時に最も重視する項目は、「会社の福利厚生」「ワークライフバランス」「雇用保障制度」の3点であることが分かった。香港の求人サイト「ジョブズDB」の調査結果で明らかになった。調査を行ったアジア太平洋地域の中で、最も重視する項目の中に「ワークライフバランス」を挙げたのは、香港だけだった。年齢層別では、26~33歳の求職者がワークライフバランスを最重視している割合が最も大きかった。18~25歳が企業に求めるものは、「部下のサポートができる有能な上司がいること」「昇進の機会があること」の2つ。34~49歳は「安定した雇用保障制度」を最重視していた。
中国 線路不要の路面電車が試運転開始
レールを不要とする路面電車「スマート軌道快運列車(智軌列車)」の試運転が10月23日、中国湖南省株州市の公道上で開始された。車両は中国最大の鉄道車両メーカー、中東株州電力機車研究所が開発した。電車は、一編成あたり3~5両で、定員は300~500人。路上に引かれた白線に沿って走行する。10分間の充電で、25キロメートルの運行が可能で、最高時速は70キロ。レールの敷設が必要ないため、工期は1年程度と短い。今後は試運転を重ね、問題がなければ来年1月にも正式に開通する予定だ。
有望投資先、ベトナムが4年連続1位
日本政策金融公庫は、6月から8月にかけて、海外現地法人を持つ中小企業にアンケートを実施した。同アンケートによると、中期的に有望な投資先としてベトナムが24・9%で4年連続1位となった。回答した企業数は693社。ベトナムを挙げた理由としては「労働力が低廉豊富」「既存の取引先が既に進出している」「優秀な人材の確保が可能」など。一方、ベトナムを投資先とする際の問題点としては、「管理者の確保が困難」「現地スタッフらに対する教育」「労務費の上昇」などが挙げられた。ベトナムに続く有望投資先としては、中国が10・7%、タイが8・6%、インドが7・9%、インドネシアが7・7%と続いた。

2017-11-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
南北連邦制の年内実現を急ぐ文在寅政権
「文在寅は共産主義者」に無罪
ヨンジョンの 毎日眞味<9> 秋刀魚...
朝鮮学校の生徒たちよ、自由を放棄するな!
ヨンジョンの 毎日眞味<8> かぼち...
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません