ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年11月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓日、トップ金融グループが協業

 新韓金融グループ(趙鏞炳会長)とみずほフィナンシャルグループ(佐藤康弘グループCEO)は10月24日、包括的業務提携(MOU)を締結した。韓国と日本のトップ金融グループが協業を宣言したという点で注目される。新韓金融としては、世界13位のグローバルリーディング金融グループであるみずほがパートナーになったという点で、2020年のアジアリーディングバンクという目標達成に青信号が灯ったといえる。
今回両社は、デジタル、グローバル、投資銀行(IB)、信託事業などの成長有望分野で、協業を通じて新成長動力を発掘する。特にグローバル事業とフィンテック(金融技術)を組み合わせた新概念の協業モデルを作り出すという方針だ。日本の信託市場で強固な地盤を確立しているみずほの経営ノウハウを、韓国市場に適用する案も推進し、さらに海外市場情報の共有、両社の優良顧客(銀行、カード、証券など)を紹介するプランも進める。両社は今後、関係を深めるため、社員、役員間の交流や定例ワークショップを開催し、各種リサーチ資料と経営ノウハウを共有することになる。新韓金融関係者は今回の業務提携について「グループ次元に拡大発展させた点が意義深い。提携を通じて、両社間の協力の深さと幅が広がり、両社の強みを相互に学ぶ機会ができた」と評価した。
今回の提携では、趙会長と佐藤CEOが協力関係をグループレベルに格上げしようと継続的にコミュニケーションをとるなど、両社のトップの意向が強く反映されたといわれている。
(ソウル=李民晧)

2017-11-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません