ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年10月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「北朝鮮を撮ってきた!アメリカ人女性カメラマン『不思議の国』漫遊記」
ウェンディ・E・シモンズ・著/藤田美菜子・訳 

米国人女性カメラマンが北韓を体験 一般の目線で迫ったフォトドキュメント

 米国人女性カメラマンが、個人旅行で訪れた北韓での見聞をつづった。主としてガイドとのやり取りであるが、本来ならば交わることのない両者である。もちろん著者は、予備知識を持って平壌に降り立った。
しかし互いのズレは、10日ばかりの旅行では埋まらなかったようだ。本書はとにかく、ちぐはぐなテンポに支配されている。
自治領や植民地を含む85カ国を旅したという著者のウェンディ・シモンズは、SNSに「格別な」写真を載せるために僻地に足を運ぶ旅行者のような気持ちで、北を訪問したのかもしれない。アリスが迷い込んだ不思議の国と北韓を類比するなど、この手の紀行では前例のない表現方法をとっている。
著者は、現地で出会った人とは対等に接しようと努め、わざと挑発的な言葉を投げて相手から過激な反応を引き出そうともしていない。しかし、とにかく会話が成り立たないのである。
普通の感覚という言葉は適切でないかもしれないが、私たちに近い感覚の女性が北韓に行けばこうなるという見本である。翻って考えさせられるのは、彼女が旅行者でなかったらどうなっていたかということだ。
そういう視線で本書を読むと、約60年前に北韓に渡った「帰国者」や拉致被害者が、どれほど抑制を強いられたかということを考えさせられる一冊だ。
原書房刊   定価=1800円(税別)

2017-10-25 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
「民衆党」で蘇った統進党 
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
ブログ記事
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません