ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年10月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 新見寿美江さん(新見工房 専務取締役)
多様な韓国の文化や歴史を紹介

直接の触れ合いが大切
 「自由に旅ができれば、平和につながる。街を歩き、人と交流すれば、その国のことを知ることができる。実際に触れ合ってみれば、いろいろな誤解も解けていく」
こう語るのは、「るるぶ韓国」など多くの韓国のガイドブックを企画編集してきた新見さん。韓国との出会いは1996年。当時、ヨーロッパ旅行の雑誌の編集をしていたが、韓国を担当してみないかと、編集部から誘いを受けた。
まず韓国を知るために現地調査を行った。直接見てみないと何も分からないからだ。2カ月間、あらゆる場所を歩き、歴史や文化に触れ、韓国に魅了された。
本の編集にとりかかると、葛藤もあった。
「そのころ韓国のガイドブックといえば、焼き肉、キムチ、垢すりが定番で、歴史や文化などを紹介するページを設けるのが難しかった」
しかし韓国の歴史や文化などを読者に知ってほしいという想いから、紙面の隅に掲載した。わずかなスペースで紹介した記事が反響を呼び、それが1冊の本になった。
その後も、もっと自由に、自分の伝えたいことを本にまとめたいと考えていたという。そして、2015年に「自分で出版社を作ればいい」と決断、自身の会社で韓国陶磁器や市場歩きの本などを刊行するようになった。
「韓国と日本は距離的にも歴史的にも非常に近い国。一人でも多くの人が、弊社出版の本を通して韓国に興味を持ち、直接韓国を訪れるようになってほしいと思う」

2017-10-25 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません