ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-06 21:02:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年10月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 岡島 良和さん(白頭学院建国中学高等学校教諭・吹奏楽部顧問)
全国大会へ休み返上で猛練習

優秀な部員が多いと語る
 白頭学院建国中学高校吹奏楽部は毎年、各種コンクールで好成績を上げている。今年8月、兵庫県姫路市で開かれた、「第67回関西吹奏楽コンクール」(関西吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)で5年ぶりの「金賞」を受賞。その吹奏楽部を指導するのが、岡島先生だ。土・日はもちろん、春休み、夏休みなども返上して頑張っている。


「2010年に吹奏楽部の顧問の同僚から、一緒にやってくれといわれて、面倒を見るようになった。嬉しいことに優秀な部員が多く、今年の鄭雅列部長や朴里鶴副部長のもと、一生懸命練習する部員の姿に心を打たれる。私は、そうした部員の報告や連絡を受けて、悩みごとや問題があればその解決に努め、部員たちが心明るく、楽しく練習できるような環境づくりを心がけている」


岡島先生は、白頭学院が立地する住吉区遠里小野で生まれ育った。遠里小野小学校、大和川中学校で学び、兵庫県の大学を卒業後、縁あって白頭学院建国中学高校に赴任した。また延世大学大学院にも留学し、教育経済学を学んだ。


「大和川中学の時は、伝統芸術部の音もよく聴いた。その音が、私の心の故郷になり、大学を卒業するころは韓流ブームもあって、建国中学高校に落ち着いた。小編成部門の最終ゴールは関西大会だが、今年は別の連盟が主催する大会での全国大会出場も決まった。部員29人が一致団結し、最高位の最優秀グランプリを目指すべく猛練習を続けている。私もより頑張りたい」と熱く語った。

2017-10-12 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません