ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年10月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
激戦振り返る 軍人会が記念式

挨拶する孫会長
 大韓民国在郷軍人会創設65周年を迎え、日本支会は10日、記念式と昼食会を開いた。昼食会には、郷軍会日本支会の会員をはじめ、駐日韓国大使館、民団関係者らが参加した。
参加者らは、6・25戦争最大の激戦の一つといわれる「多富洞戦闘」に関するビデオを鑑賞した。慶尚北道漆谷郡の多富洞は、洛東江防衛線の一部で、北韓軍からの激しい攻勢を韓国軍が防いだ地域だ。
郷軍会日本支会の孫京翼会長は、「大韓民国をめぐる環境はかなり厳しい。北韓の核実験とミサイル発射により、不安定な状況が続いている状況を、国民はどれほど認識しているか心配だ」と述べた。

2017-10-12 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「清算対象」となった韓国の司法府 
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
文在寅政権の正体 建国節論難と国家解体
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
文在寅政権への米国の警告
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません