ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年10月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日に晋州市民賞 東京の金昭夫さん 
2世として初の受賞

 東京在住の金昭夫氏が、第17回晋州市民賞受賞者となった。日本で生まれ育った同胞2世としては、初の栄誉だ。授賞式は10日、晋州城で行われた。
市民賞受賞者はまず、市民から推薦された人物でなければならない。推薦された人物は審議委員会で検討され、市議会の同意手続きを踏まなければならない。

金昭夫氏は審議委員会の審査で、ほぼ満場一致の同意を得た。しかし議会上程時に、ごく一部の議員が反対意見を表明。理由は、金氏が所属する民団が、韓日合意の履行を求め、釜山総領事館の前に設置された少女像に反対しているためだった。議会で反対意見が出たのは、初めてのことだった。
晋州市の李昌熙市長は「最終的には在日同胞として韓日間の友好増進に大きく貢献してきたという真意が議会で受け入れられ、反対していた議員も賛成に転じた」と説明した。李市長は、「(日本は)一番近い国という宿命であり、本当に近くて心が通じる関係にならなければならない。その点で、在日同胞は両国関係を結ぶ貴重な存在だ」と付け加えた。
金昭夫氏は、23年前に郷友会長となって以来、毎年秋に開かれる晋州市ケチョン芸術祭のたび、郷友会員や家族を連れ、先祖の地である晋州を訪れている。低所得家庭のための寄付活動なども行ってきた。
(晋州=李民晧)

【受賞コメント】

(同じ晋州出身で、愛知県在住だった)故・鄭煥麒さんをはじめ、1世の先輩方の配慮のおかげだ。先輩方に受賞の栄誉を捧げたい。父のように温かく、わかりやすく故郷の話をしてくれた。今後も1世の豊かな心を忘れず、微力ながら晋州の発展に尽力したい。

2017-10-12 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません