ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年10月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 山野が色づき始めたこの頃、街は黒とオレンジで彩られている。10月31日のハロウィンを前に、商戦が盛んだ。ケルト人の収穫祭に端を発するといわれるこのイベントが定着したのは、ここ10年くらいのことだろうか▼最近、日本政府が旗を振っているスニーカー通勤。スーツにスニーカーという組み合わせは、かつてほどの抵抗感なく受け入れられそうだ▼特にファッションの世界では、既存の価値観は容易に崩れる。労働者の服だったジーンズは、ジェームス・ディーンによってファッショナブルな反抗の象徴となり、今やオフィスワーカーがはいていても違和感はない▼バイクもその例に当てはまるか。「不良の乗り物」だったバイクを「NICEST PEOPLEの乗り物」と売り出し、米国で新たな客層をつかむことに成功したのがホンダだ▼話がいろいろな方向に飛んだが、いずれも「一部にしか行われていなかったものが、広く認められて一般化すること」(大辞泉)という、市民権を得た例として挙げた▼市民権であるが、もっとも古くに概念として確立されたのは、古代ヨーロッパの都市国家においてであろう。有名なのはローマで、212年にはアントニヌス勅令によって、全自由民にローマ市民権が与えられた。外国人も例外ではない▼今回の衆院選で耳目を集めている希望の党は、公認候補に「外国人に対する地方参政権付与反対」を約束させた。公約でダイバーシティー(多様性)社会の実現を謳っていながらである。

2017-10-12 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません