ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年10月03日 22:33
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 木村 真悟さん(演劇プロデューサー・演出家)
演劇を通して日韓交流の懸け橋に

昔も今も集客が難しい
 「韓国の演劇人も変わりました。昔は、芝居が終わって打ち上げとなると、必ず酒を片手にアリランを合唱したものです。いまはK―POPなどの流行りの歌です。時代も変わりましたね」
そう語るのは、演劇プロデューサーの木村真悟さん。演劇ファンの間では知られた小劇場、「上野ストアハウス」を経営している。
韓国との出会いは、1997年。「アジアミーツアジア」という演劇フェスティバルで、城(ソン)という劇団を日本に招聘した。以来20年にわたり、韓国の小劇団の公演を日本で開催している。
「98年以前は、日本と韓国の間で演劇人の交流というのはほとんどなかった。そのためか、当時は日本に殴り込みにくるという感じで、喧嘩やいさかいが絶えませんでした」
そんな中でも友情を育み、当時の知り合いも、今は韓国演劇界の大御所となった。
昔も今も変わらず難しいのは集客だ。
「映画や音楽のファンは多いと思うのですが、小劇団というのはまだまだですね。東南アジアなどの多言語国家は、言葉がわからなくても楽しめる内容の劇が多い。韓国の小劇団はセリフ劇が多いので、言葉の壁はあります。字幕を流して楽しめるように工夫はしていますが、課題の一つです。赤字はすぐには解決できないと思いますが、演劇を通して日韓文化交流の懸け橋になれるよう、今後も続けていきたいと思っています」

2017-10-04 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
沈在哲国会副議長が文在寅などを内乱罪で告発すべきだと主張
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません