ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年10月03日 22:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
訃報 鄭進(民団中央本部常任顧問。前団長)

 9月18日、肺炎のため松本市内の病院で死去。享年80歳。通夜・葬儀は近親者のみで執り行った。社葬および民団葬は未定。
1937年生まれ。日本大学経済学部卒業。松本支部で民団活動を始め、長野県本部団長を2期務めた。2006年、朝鮮総連との「共同和解表明」を発表した、いわゆる5・17事態を受け、当時の民団中央団長だった河丙鈺氏が辞任。鄭氏は同年、その後任を選ぶ選挙に当選した。5・17事態による民団内の組織混乱や、当時の政府の民団支援金縮小に対処した。
その後12年まで、2期6年にわたって同職を務めた。在任中に地元・長野県で開かれた冬季五輪では、韓国選手団の後援実行委員長として選手をサポートした。11年の東日本大震災では、国籍を問わず被災者への支援を行った。
組織外では、長野県を中心にアミューズメントや飲食を軸とする株式会社ジン・コーポレーションを経営。会長として指揮をとった。長野商銀(現・横浜中央信用組合)の理事長や会長を歴任した。
毎年秋に行われる韓国国体には、在日の選手団を引率して3回参加。いずれも海外同胞部門で優勝を飾るなど、勝負強さが語り草となっている。
13年、韓国政府から在日同胞の権益擁護や民族運動への貢献が認められ、最上級の国民勲章「無窮花章」を受章。

2017-10-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません