ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年10月03日 22:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
儒教と仏教を語る 
教育院主催の歴史講座で

講義は和やかな雰囲気で行われた
 千葉韓国教育院が主催し、東京韓国学校が主管する歴史講座が9月30日、東京の在日本韓国YMCAで開かれた。古代史を中心に、韓日関係を紐解いていく連続講座の一環で、当日は20人以上が参加。韓国史研究家の金一男氏が講師を務めた。
金氏は、16世紀末から17世紀初頭にかけて活躍した儒学者・姜沆のエピソードを紹介。慶長の役で捕虜となった姜沆が、「武士道」に代わる新しい統合理念を模索していた当時の日本で礼遇されたことなどを説明した。仏教については、中国から伝来した当初、韓国でも日本でも国家の指導理念として用いられたと説明した。

2017-10-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません