ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年09月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「自由を盗んだ少年 北朝鮮悪童日記」(金革・著/金善和・訳)

 北韓から脱北した少年が、同地の悲惨な状況を赤裸々に書き記した手記。
北韓では、親の死や親に捨てられ、ストリートチルドレンとなった子どもたちを「コッチェビ」と呼ぶ。彼らは、生きのびるために、「反社会主義的行為」とされる犯罪に手を染めざるを得ない。4歳のときに母を亡くした著者は、継母との確執などから、7歳のときからコッチェビとして生きていく。
孤児院での生活、逮捕、連行、拷問、教化所へ収監、潜伏生活、そして脱北。
本書に書かれた北韓の厳しい社会状況は、映画やドラマで描かれるような現実離れした内容だ。しかし、これは事実なのだ。具体的な描写により、独裁国家である北韓社会とはどういうものなのかがリアルに伝わってくる。自由とは何か?を考えさせられる一冊だ。
太田出版刊
定価=1400円(税別)

2017-09-27 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません