ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-14 04:14:27
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年09月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東芝メモリ売却先決定
韓日米連合へ

 東芝は20日、半導体メモリ子会社「東芝メモリ」売却に向けて、「韓日米連合」と株式譲渡契約を結ぶことを決議した。東芝と協業関係にあるウエスタンデジタル(WD)関連の「日米連合」が競り負けた格好だ。
「韓日米連合」は、米国投資会社のベインキャピタル、韓国のメモリ大手SKハイニックス、東芝やHOYAなどの日本企業が参加。議決権は日本勢が過半を握る方向で調整されている。なお、日本の政府系ファンドの産業革新機構と日本政策投資銀行も、将来的には出資を行い経営に関与する方針だ。買収総額は2兆円で、契約が完了すれば懸案の債務超過の解消へ前進する。一方、WDは、半導体メモリ事業の売却を巡って東芝と1月から対立してきたが、この決議に反対の姿勢を見せている。
20日には、東芝が三重県四日市市の半導体メモリ工場で進める増産投資を差し止めるよう、国際商業会議所(ICC)の国際仲裁裁判所に申し立てを行った。売却に関しては直接関係はないが、2社の司法対決は泥沼化しつつある。

2017-09-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません